2012年03月01日

母乳がでない場合は? (出るまでは少し時間がかかるもの)

初めての妊娠、出産では一般論や育児情報が溢れているので
標準から外れると不安になることもしばしばあります。

私自身もそうでした。というのも第一子は早産で2000gなかったので
病院で並んでいる赤ちゃんの中でもすごく小さかったんです。

しかし、半年後の健診時には
「母乳で足りているようだし、あまりミルクを足さないように」
と注意をうけました。
「このままいったら肥満児になるよ」といわれ
ハッとしたものです。

1カ月に○キロ増えないと駄目だと思い込み過ぎて
小さかった事を産んでからカバーさせようとしていた事に
気づきました。
そこそこ出ている母乳も出が悪い、足りないと
思い込んでいたふしもあります。

2人目の時には案外いい加減になっていたので
3時間おきでなくても泣いたらおっぱいをあげ、
結局、仕事に復帰する6カ月まで母乳で行きました。
不思議なもので、働きだし朝と晩だけしかおっぱいを
あげないようになるとみるみる出なくなっていきます。

もし出ないと感じている場合でも吸わせる習慣は残しつつ
混合でやっていってもいいのではないでしょうか。

そして、初産の場合は乳輪のまわりをギューとつまんで
お乳が出るようにしてみて下さい。かなり痛いですが、
そこが開いていないと母乳は出ませんので最初は意識して
挑戦してみて下さい。
posted by 母乳 でない at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

母乳がでない場合は? (張らなくても母乳は出ます)

母乳が出ないと思い込んでいませんか?
どうやらおっぱいにもいくつかのタイプがあるようです。

大きくは2つに分けられ『張るタイプ』と『張らないタイプ』
があります。
通常、張るタイプを母乳のよくでるおっぱいと思われていますが
張らないタイプだからといって出ないのではありません。

●張るタイプの場合:溜まる⇒赤ちゃんに吸わせる。
 ・勝手に溜まってぼたぼたお乳がでる。
 ・お風呂に入ると温まって張ってくる。
 ・出さないとおっぱいがカチコチになってしまう。
 ・乳腺炎に罹り易い。

●張らないタイプの場合:赤ちゃんに吸わせる⇒必要量がでる。
 ・おっぱいが張らない。
 ・搾ってもほんの少ししか出ない。
 
簡単に言えばこんな感じです。
ですから張らないタイプの人が張るタイプの人を見て
私は出ないんだなと勘違いしていることもあるんです。

一般的に張らないタイプの人は必要量が出るようになるまでに
1、2カ月と時間がかかります。
その後は安定しますが、その期間の間に
諦めてしまう人が多いのも事実です。

母乳が足りないと与える間隔が短くなり1時間などという事も
珍しくありませんがこうやって吸わせる回数を増やすことで
作られるようになりますので、混合でミルクを与える場合でも
目安の半分量程度にとどめて赤ちゃんが
お腹をすかせて吸わせるように仕向けましょう。
posted by 母乳 でない at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

母乳がでない場合は?

母乳が出ない場合はミルクがあるので
特に問題はありませんが、本当に母乳が出ない人は
ほとんどいないとも言われています。

出産すれば通常は出るように出来ていますので
母乳で育てたいと思っているのならマッサージをしたり
定期的に赤ちゃんに吸わせるようにしてみましょう。

母乳は出るけれど量が足りないという人はいます。
その場合は赤ちゃんの体重の増加をみながら
母乳とミルクの混合でよいのではないでしょうか。

乳児は母乳を摂ることで免疫がつきます。
その意味でたとえ少量であってもあげた方がいいでしょう。
量が少ない=出ない、ではありませんよ。

母乳が出ない、出にくい原因としてはまず、ストレスがあげられます。
慣れない育児、寝不足に加え赤ちゃんが産まれたことで
生じる旦那さんとの関係、親、義母などとの関係・・・・・・。
あげればきりがありません。

しかし、お母さんになったからにはそんなことで
一々くよくよしている訳にはいきません。
自分がリラックス出来るような方法をみつけて
悩み過ぎないようにしましょう。

今はネットもありますし、どこに居ても外部と繋がる
ことは可能です。
悩みをはきだして、ストレスをため込まない工夫をしてみましょう。
posted by 母乳 でない at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。